病院・医療提供者の方へ

日本医療機能評価機構について

公益財団法人日本医療機能評価機構 (以下「当機構」という) は、中立的・科学的な第三者機関として医療の質の向上と信頼できる医療の確保に関する事業を行い、国民の健康と福祉の向上に寄与することを目的とする公益財団法人です。

病院機能評価事業のほか、認定病院患者安全推進事業産科医療補償制度運営事業EBM医療情報事業医療事故情報収集等事業薬局ヒヤリ・ハット事例収集・分析事業等、医療の質の向上、医療安全の推進に資する幅広い事業を行っています。



病院機能評価について

病院を対象に第三者評価を行い、病院の優れている点や課題を明らかにします。
その結果、一定の水準を満たしていると認められた病院に対して認定証を発行します

btn病院機能評価事業へ


認定病院患者安全推進事業

病院機能評価の認定病院の有志が自主的に行う患者安全推進協議会の活動を支援します。
患者安全推進ジャーナルを年4回発行するほか、セミナー等を通じて情報を発信しています。

btn認定病院患者安全推進協議会へ


産科医療補償制度運営事業

分娩に関連して発症した重度脳性麻痺児とその家族の経済的負担を速やかに補償するとともに、脳性麻痺発症の原因分析を行い、同じような事例の再発防止に役立つ情報を提供することなどにより、紛争の防止・早期解決および産科医療の質の向上を図ることを目的とする産科医療補償制度の運営を行います。

btn産科医療補償制度へ


EBM医療情報事業

医療情報サービスMindsを通じて診療ガイドラインや関連する医療文献等の情報を提供することで、医療者と患者が情報を共有し合意のうえで最善の診療方法を選択することを情報面から支援します。

btnMindsへ


医療事故情報収集等事業

医療安全対策の一層の推進を図るため、医療事故情報やヒヤリ・ハット事例を収集します。
また、当該情報に基づき、発生要因や背景を分析・検証し、医療事故防止に資するための情報提供を行います。

btn医療事故情報収集等事業へ


薬局ヒヤリ・ハット事例収集・分析事業

医療安全対策の一層の推進を図るため、薬局において発生または発見したヒヤリ・ハット事例を収集したうえ、発生要因や背景等を分析し、広く医療安全対策に有用な情報の提供を行います。

btn薬局ヒヤリ・ハット事例収集・分析事業へ