病院機能評価事業

病院機能評価とは


医療を見つめる第三者の目。それが病院機能評価です。


病院機能評価は、病院が組織的に医療を提供するための基本的な活動 (機能) が、適切に実施されているかどうかを評価する仕組みです。評価調査者 (サーベイヤー) が中立・公平な立場にたって、所定の評価項目に沿って病院の活動状況を評価します。評価の結果明らかになった課題に対し、病院が改善に取り組むことで、医療の質向上が図られます。


認定病院は、より良い病院作りを目指して成長し続ける病院です。


病院機能評価の審査の結果、一定の水準を満たしていると認められた病院が「認定病院」です。すなわち認定病院は、地域に根ざし、安心・安全、信頼と納得の得られる医療サービスを提供すべく、常日頃努力している病院であると言えます。すでに全国の病院の約3割が認定されています。

 btn病院機能評価の全体概要を冊子にしました。
 「病院機能評価ガイドブック - 病院機能評価ってなんだろう - 」PDF[3.82 MB]

 btn病院機能評価を活用して質改善活動に取り組んでいる事例を紹介しています。
 認定病院の改善事例紹介シリーズ「Improve」

 btn認定制度
 btn評価項目 (本体審査)
 btn評価項目 (付加機能評価)
 btn効果と利点
 btn運用要項PDF
  参考資料:病院機能評価認定に関する運用要項の改正ついてPDF
 btn病院機能評価における医療安全に関する基本方針PDF
 btn運用要項に基づく医療事故報告についてPDF
 btn病院機能評価が影響する診療報酬や施設基準などについて
 btnサーベイヤーについて
 btn認定病院検索
 btn病院機能評価に関する動画PDF


病院の継続的な質改善活動を支援することを目的に、個人を対象とした教育・研修を行っております。

 btnクオリティ マネジャー養成セミナーPDF
 btn医療対話推進者養成セミナーPDF

各セミナーの効果的な受講と、継続的な学習の場を提供するために、eラーニングサイト『日本医療機能評価機構の学習支援サイト』を開設しました。